宅建 宅建勉強法

宅建「法令上の制限」が細かすぎる!攻略するポイントを解説!

「宅建の法令上の制限は細かい数字などが多くて覚えられない」

「法令上の制限をどう勉強していいのかわからない」

宅建試験において「法令上の制限」は比較的配点が大きく、細かい数字や専門用語などを覚える必要があって暗記的要素が強い分野です。

しっかり覚えていれば得点しやすい分野ですが、不動産業界未経験だと普段なじみのない分野でもありますので、なかなか暗記できずに困っている人も少なくないと思います。

そこで本記事では、覚えきれず得点が伸び悩んでいる人向けに、「法令上の制限」の攻略方法について詳しく解説していきます。

宅建試験「法令上の制限」とは?

本章にて、宅建試験における「法令上の制限」について説明していきます。

出題分野

「法令上の制限」における頻出分野は以下の通りです。

・農地法
・都市計画法
・建築基準法
・国土利用計画法
・土地区画整理法
・宅地造成等規制法

上記のうち、都市計画法と建築基準法は特に頻出分野で、2問程度出題されることが多いです。8点中4点を占めることになり、重要な分野となりますから、都市計画法と建築基準法はしっかり勉強するようにしましょう。

また、農地法は比較的学習範囲が狭く、得点しやすい分野ですので、しっかり勉強して確実に点を取れるようにすることが大事です。

その他は1問出題されたり、されなかったりという傾向にあります。

目標得点

「法令上の制限」は、合計で8点分ありますが、5点は安定的に取れるようにしましょう。

出題分野は前述の通りさまざまですが、それぞれを完璧にするのは難しく、満点を目指すのは現実的ではありません。すべての条文を読むのも大変です。

あくまで基本を落とさないことを意識して、手を広げ過ぎない形で学習を進めることが大事です。

法令上の制限で完璧を目指すよりは、宅建業法と民法の学習を優先させたほうがいいでしょう。

宅建試験「法令上の制限」の攻略するポイント

本章では、宅建試験で「法令上の制限」の攻略するポイントについて説明していきます。

基本は過去問演習

「法令上の制限」分野の問題は、過去問の焼き直しであることが多く、過去問をしっかりしておくだけでも、安定して得点できるようになります。

また、前述の通り、手を広げ過ぎないという意味でも過去問の出題範囲に絞って学習することにも意味があります、

過去問演習を通して、本試験の問われ方を把握し、知識の精度を上げていきましょう。

宅建のおすすめ過去問8選を紹介!比較レビューしました!【2022年最新】

続きを見る

制度趣旨を理解する

「法令上の制限」は専門用語が多い分野でもあり、不動産業界未経験だとイメージがしにくいと思います。そのため、暗記作業が難しいと感じてしまうのではないでしょうか。

無理やり暗記しようとは思わず、各制度がどういう趣旨で作られたのか理解することが大事です。そうした理由付けも含めて暗記すれば、簡単には忘れなくなります。

暗記がうまくできないという人は、やみくもに問題を解く作業を一旦止めて、テキストに返って制度趣旨をよく読み、理解重視の学習を心がけましょう。

宅建のおすすめテキスト10選を紹介!比較レビューしました!【2022年最新】

続きを見る

図表で覚える

テキストで暗記することが苦手という人は図表を使って暗記作業をしてみましょう。

「法令上の制限」はややこしい論点が多く、正確な暗記が難しい分野でもあります。また、知識が増えれば増えるほど余計に混乱するという人もいると思います。

テキストやまとめ本の図表をうまく利用して、知識の整理に努めましょう。テキストやまとめ本の図表がしっくりこないなら、自分で独自の図表を作ってみることもおすすめです。

宅建のまとめ本・整理本おすすめ5選!使い方と併せて紹介!【2022年最新】

続きを見る

語呂合わせで覚える

どうしても「法令上の制限」分野の暗記作業が進まないという場合は、語呂合わせで覚えるということもおすすめです。

語呂合わせで有名なテキストとしては、「らくらく宅建塾」などがあります。

法改正をチェック

宅建試験では法改正の部分が狙われることがあります。

法改正は毎年それほど多くありませんので、勉強していれば得点源になります。法改正情報は本試験前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

最新の法改正情報は市販模試などにまとめられていることが多いです。

まとめ

宅建における「法令上の制限」の出題分野・出題傾向、攻略するポイントについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

「法令上の制限」は少なくない配点があり、捨てることはできない分野です。専門用語や細かい論点が多く、暗記は苦労してしまいがちです。制度趣旨の理解や図表の活用などで正確な暗記作業をしていくことをおすすめします。

満点は難しい分野でもあります。過去問演習を中心に基本問題を落とさないスタンスで学習を進めていきましょう。

※これから宅建の勉強を始めるという人は下記の記事もご覧ください。

宅建に合格するための完全ロードマップを徹底解説!【初学者向け】

続きを見る

  • この記事を書いた人

エムツー

行政書士事務所の代表・フリーランスのライター・ブロガーとして活動中 | 不動産業界未経験から宅建に一発で合格 | 本ブログでは宅建の勉強法や教材・講座選びなど役立つ情報を提供していきます | 執筆・相互リンク等のご相談はお気軽にお問い合わせください | ⇒執筆者情報

-宅建, 宅建勉強法