宅建 宅建講座

スタディング宅建講座を評判・口コミと合わせて徹底レビュー!

悩む人
スタディングの宅建講座が気になっている。かなり安いしスマホ学習できて便利そう。でも本当に受かるのか不安。

本記事では上記のような疑問を解消していきます。

本記事でわかること

・スタディング宅建講座の特徴
・スタディング宅建講座の口コミや評判
・スタディング宅建講座と他社との比較

スタディングは広告でもよく見るようになったので、気になっている人は少なくないのではないでしょうか。

スタディングの講座なら、宅建を通勤時などスキマ時間で勉強ができ、講座受講料は14,960円からという破格の安さなので、コスパ最強に見えますよね。

しかし、スタディングで本当に受かるのか不安という人もいると思います。

そこで本記事では、宅建合格済みの筆者が、スタディングの宅建講座を口コミや評判と併せて詳しくレビューしていきます。

スタディング宅建講座に関する評判・口コミ

スタディング宅建講座に関する評判や口コミをまとめてみました。

良い評判・口コミ

口コミではスタディング宅建士講座の受講料の安さが評判となってました。

2万を切る宅建講座は業界でも最安値ラインですし、他の講座だと5万超えは普通ですからスタディングのコスパの良さが目立ってます。

また、講義が初学者にわかりやすいという口コミも見受けられました。

受講料が安いからといって講義はただテキストを読み上げるだけといった内容ではなく、入門者が理解しやすいようかみ砕いて解説していることがわかります。

悪い評判・口コミ

悪い口コミとしては、デフォルトだと紙媒体の教材がないことに不満がある、といった声がありました。

【口コミあり】スタディング宅建講座と他社との比較

本章では、スタディング宅建講座を他社と比較しつつ詳しくレビューしていきます。

受講料は業界最安ライン

スタディング宅建講座と他社とを受講料で比較すると以下の通りです。

スタケン
16,280円
スタディング
14,960円(宅建士合格コースミニマム)
スタディング
19,800円(宅建士合格コーススタンダード)
スタディング
23,430円(宅建士合格コースコンプリート)
クレアール
59,800円(完全合格パーフェクトコース)
⇒41,860円(11月割引価格)
アガルート
32,780円(入門総合カリキュラム:テキスト無しコース)
アガルート
54,780円(入門総合カリキュラム:テキスト有りコース)
ユーキャン 63,680円
フォーサイト
47,800円(基礎講座)
フォーサイト
59,800円(基礎講座+過去問講座)
フォーサイト
64,800円(基礎講座+過去問講座+直前対策講座)
フォーサイト
69,800円(基礎講座+過去問講座+直前対策講座+科目別答練講座+過去問 一問一答演習)
LEC
126,500円(パーフェクト合格フルコース)
⇒126,500円(11月末まで割引)
LEC
154,000円(プレミアム合格フルコース)
⇒115,500円(11月末まで割引)
TAC 198,000円(総合本科生SPlus)

上記の通り、スタディング宅建講座は他社と比べて最安ラインの受講料で講座を提供しています。

スタディングと並んで安いのがスタケンとなっており、同じく1万円台から受講可能。

ただ、スタケンはスタディングと比べてカリキュラム的に細いのがちょっと気になるところです。

口コミでも、スタディングはスマホで充実したカリキュラムを提供しててコスパが良い、と好評でした。

スタディングに次いで安くてカリキュラムが充実しているのがアガルート、クレアール、フォーサイトとなってます。

特にアガルートとフォーサイトは合格率が高いのでおすすめです。

価格も大事ですが、カリキュラムや実績も含めてしっかり比較検討しましょう。

安い宅建通信講座おすすめランキング!徹底比較しました!【2022年最新】

続きを見る

テキストはフルカラーで見やすい

カラー 図解イラスト オンライン閲覧 サンプル教材
フォーサイト フルカラー 可能 資料請求可能
アガルート フルカラー 可能 資料請求可能
スタディング フルカラー 可能 Webで無料体験
ユーキャン フルカラー 可能 不可
クレアール 2色刷り 可能 資料請求可能

スタディング宅建講座のテキストはフルカラーで図解も取り入れられており、他社と比べても見やすいです。

テキストは、ビデオ/音声講座の内容をベースとし、ワンポイントアドバイスや、補足など学習上役立つ情報が追加されてます。

注意点としては、テキストはオンラインでの提供であり、印刷・製本された冊子としてはもらえないという点です。

製本されたテキストをもらうには、追加で有料オプションである「冊子版オプション(7,480円)」に申し込む必要があります。

宅建通信講座5社をテキストで徹底比較レビュー!

続きを見る

講師はベテランで聴きやすい声

特徴 わかりやすさ 聴きやすさ
LEC
水野健講師
情熱的
フォーサイト
窪田義幸講師
親しみがある
スタディング
竹原健講師
理知的
アガルート
工藤美香講師
親しみがある
アガルート
林裕太講師講師
理知的
スタケン
渡邉宏講師
理知的
クレアール
石川秀才講師
理知的

上記は有名な宅建講師を独断と偏見でまとめたものです。

スタディング宅建講座を担当しているのは竹原健講師で20年以上の講師歴がある大ベテランです。

以下は竹原健講師のサンプル講義動画。

※スタディング宅建講座のサンプル講義動画がYoutubeになかったため、行政書士講座での竹原健講師の講義動画を紹介。

非常に歯切れがよく、簡潔に要点をまとめててベテラン講師らしい講義力です。

声質も透明感があって聴きやすく、長時間聞いても疲れないなと思いました。

他社の講師と比べると、強烈な個性はないものの、いい意味で癖がなく、万人向けで安定感のある講師と言えます。

また、上記の動画からもわかるように、テキストの内容を常時表示しているため、こちらでテキストをわざわざ開かずとも講義についていけます。

スマホを片手に講義を視聴しているだけでもOKなので、外出先でもスキマ時間を使って手軽に勉強できるのは魅力です。

口コミでも、スタディング・竹原健講師の講義がわかりやすい、聞きやすいという人は多かったです。

宅建講座の有名講師ランキング厳選7選!カリスマは誰?

続きを見る

質問・フォロー制度はない

スタディング 無し
クレアール メール・FAXで質問制度有り(回数無制限)
アガルート 質問制度有り(回数無制限)
ユーキャン 質問制度有り(1日3回まで)
フォーサイト eラーニング「ManaBun」から24時間受付

残念ながらスタディング宅建講座には質問制度はなく、疑問点、不明点があった時に解消されないリスクがあります。

他社だと、上記の通り、ほとんどの通信講座では質問制度があるので、フォロー制度という点では劣っていると言わざるを得ません。

口コミでも質問制度がない点を問題視している人は多かったです。

質問制度に代わるものとまでは言えませんが、「勉強仲間機能」という宅建を目指す仲間を探せるツールはあります。

内容としては、勉強の実績を投稿してタイムラインに公開し、その投稿に対して「いいね」やコメントをもらえるようになり、SNS的な機能を有してます。

うまく活用すれば、勉強仲間を作れて、学習のモチベーションを高めていけそうです。

合格率は非公表だが合格者数は多い

合格率・合格実績
フォーサイト 82.0%(2021年度)
アガルート 43.7%(2021年度)
LEC 71.3%(2021年度)
スタディング 680名(2021年度「合格者の声」掲載人数)
ユーキャン 924名(2020年度)
TAC 1,063名(2021年度)
クレアール 合格率・合格実績は非公表
スタケン 合格率・合格実績は非公表

スタディング宅建講座では、合格率は公表されてませんが、公式サイトにて「合格者の声」というページで合格体験記が掲載されていて、その人数は680名(2021年度)と多いです。

合格率を公表してるのは、通信講座だとフォーサイト、アガルートで、共に全国平均よりかなり高くなってます。

スタディングだと合格率は非公表なので、本当に受かるのか不安になるかもしれませんが、上記の通り、合格者数は、大手予備校のTACや、老舗の通信講座ユーキャンに次いで多いので、合格実績としては決して見劣りしません。

「合格者の声」に載っているのが680名以上ということなので、実際の合格者数はもっと多い可能性もあります。

スタディング宅建講座の提供コース

宅建士合格コース ミニマム 14,960円
宅建士合格コース スタンダード 19,800円
宅建士合格コース コンプリート 23,430円

コースとしては上記の通り3つに分かれており、「ミニマム」コースだと業界最安ラインの14,960円で、フルパックの「コンプリート」コースでも2万円台という安さです。

独学で教材をあれこれ購入していくと、結局お金がかかってしまうものです。独学で教材選びに悩むくらいなら最初からスタディングを受講したほうが安上りといえます。

分割払いにも対応しており、「コンプリート」コースでも「月々 2,111円 × 12回」から受け付けてますから、お金に余裕のない方でも受講を検討できるのはうれしいですね。

以下は宅建士合格コースのカリキュラム。

上記の通り、インプット講義の後、一問一答で知識のチェックをし、過去問集で重要論点を実践レベルに引き上げていく形で、初学者でも無理なくレベルアップしていけるでしょう。

個人的には、インプットとアウトプット、模擬試験を含む「スタンダード」コース以上の受講をおすすめします。

行政書士試験は丸暗記だと対応できない問題が多く、問題演習を通してアウトプットを重ね、問題文の読み方、解き方をしっかり習得する必要があるからです。

まとめ

スタディング宅建講座は最安ながらテキスト等教材とカリキュラムが充実してて、初学者でも効率的に合格を目指せる優良な講座であることがわかりました。

独学だと継続して勉強する自信がない人はスタディングも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

エムツー

行政書士事務所の代表・フリーランスのライター・ブロガーとして活動中 | 不動産業界未経験から宅建に一発で合格 | 本ブログでは宅建の勉強法や教材・講座選びなど役立つ情報を提供していきます | 執筆・相互リンク等のご相談はお気軽にお問い合わせください | ⇒執筆者情報

-宅建, 宅建講座